月別: 2018年1月

ドイツ留学にいくことに

昔、近所に住んでいた、ドイツ出身の同級生がいた。
友達は、両親の転勤で近所にきていたのだが、友達がいないからとよく私と遊んでいた。
私はその子のことが大好きで、おままごとなど毎日のように二人で楽しんでいた。
そのときにドイツの話をよく聞いていて、ドイツにいつかいってみたいと思うようになった。
高校のときにその友達は、ドイツに帰ることになった。
買い物にいったり、お泊りをしたりしていたのに、それがなくなり、本当にさみしかった。
それからは、ドイツの勉強や語学の勉強に励んだ。
そして、ドイツ留学にいくことにした。
バイトもたくさんして、ドイツ留学のための資金にした。
それをみていた祖父が、ドイツ留学のお金は出してあげるから、思いっきり楽しんで来なさいといってくれた。
ドイツ留学までにとにかく語学の勉強は頑張った。
言葉が理解したりしゃべれないと、いっても楽しむことはできない。
それでは、留学の意味がないからだ。
そしてドイツ留学に行く日、楽しみと緊張が入り混じっていた。
時間があるときにドイツの友達と会う約束をしている。
それも楽しみの1つだ。