月別: 2015年7月

コーヒーやワインを楽しんだ後は、清澄白河の歯科でホワイトニング

清澄白河(きよすみしらかわ)ってきれいな響きの地名ですね。
都営地下鉄大江戸線と東京メトロ半蔵門線の乗り入れ・接続駅で、周辺地域は、清澄、白河、三好、平野、深川です。
つまり、清澄白河という名前は、周辺地域のうちの2つの地名、清澄と白河を合わせた名前なんですね。
近くには東京と指定名勝である清澄公園、東京都現代美術館、深川江戸資料館といった施設があります。現代美術館のオープンをきっかけにアート好きが集まるようになり、昔ながらの商店街の中にもオシャレなギャラリーが点在し、今やギャラリーの数も日本有数となっているようですよ。
そのためでしょうか、アートとコーヒーの街と言われているそうです。
コーヒーの街として注目を浴びるようになったことのひとつに、話題のブルーボトルコーヒーの海外初進出の場所として、清澄白河の地が選ばれたことにあります。
文化的な雰囲気と静かでゆったりとした下町ならではの景観に白羽の矢が立ったようですよ。
他にも、アライズコーヒーエンタングル、オールプレスエスプレッソなどなど、たくさんのカフェがあります。
そして最近、「清澄白河フジマル醸造所」がオープンしました。「都市型ワイナリー」とコンセプトに、1階は醸造所、2階はレストランとテイスティングルームで、醸造所の稼動は8月からだそうです。こちらの醸造所も国内で2店舗目ということで、新たな試みをしやすい土地柄なんでしょうかね。
ただ、コーヒーやワインといえば、歯の色素沈着の原因と言われますよね。そういうときはやっぱり、清澄白河の歯科でホワイトニングでしょうか。清澄白河の歯医者さんだったら、ゆったりしていて優しそう(←勝手なイメージ)。